ホーム »

かかりつけの医者にハゲを相談してみた

子供の頃からアトピーを患っていたのでもう25年くらいの付き合いになるのか?

定期的にかよっているんで自分の中ではそのお医者さんはおじさんみたいな存在w
あっちももう孫をみるような目で見てきますからねぇ。

でも僕ももう立派な大人。

そのお医者さんは完全なおじいさんになりました。
医者はたぶん定年なんてないんでしょうね、自分の病院らしいし。

んで僕が最近悩んでいるのは髪の毛のボリューム。
いわばハゲってことですよ。

他人からみればハゲてると思われないレベルだとは思いますが、全盛期の髪のボリュームを知っている自分からみると明らかに薄くなっている。

特につむじから分け目部分にかけてのボリュームの低下がひどい。
一応自分なりにマッサージや育毛剤を使ってみて履いたんですが、、、改善されず。

これはちょっと僕だけでは無理だなと思ったので知り合いの中で一番信用できそうなかかりつけの医者に相談。

その先生は内科なんてあんまり薄毛のことには詳しくなかったんですけどね。
でもフィナステリドって薬の存在を教えてくれました。
AGAの治療薬として処方されているみたいね。

家帰ってネットでフィナステリドやプロペシアのことを色々と調べてみました。

服用するまではこれまでやっていたマッサージと育毛剤でなんとかしのいでいこう。
でも誰かに薄毛のことを相談できてすっごく心が楽になった。
自分一人で抱えてこむとどんどん問題は深刻化しちゃいますからね。

ネガティブスパイラルに陥るって感じ。
誰かが言っていましたが悩みは人に行った時点でほとんど解決しているんですよ。
今回それを身をもって実感できました。

ま、悩みであるハゲは全く回復していないんですけどねw
それはこれからの課題ってことですわ。

まだ禿げかけの状態だから回復の望みはあると思うんだよね!独身でいるうちは髪の毛をなんとしてでも死守するぞ~。